スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
むぅー…
2007-03-31 Sat 07:08


ぇぇっと、ですねー。
今日、明日は出現不可っぽいです?(何故に疑問系)
明日の夜は微妙ですけれども。

偽ログー(何だ)
前半にやりすぎた…orz
パケ代が…っ!



スポンサーサイト
別窓 | 背後 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
memory
2007-03-30 Fri 15:10


結社で、記憶の話をした。
俺は、その内思い出すだろ…って、云ったけど、根拠なんてどこにもない。
だって…

「俺だって、思い出せねぇもんなぁ…」

一番最初の記憶は孤児院のベッドの上。
『母さん』がいて、「今日からココが貴方の家ですよ」って云ってた。

「俺は、家なんて思ったことなかったけど」

記憶なんてどうでもいい。
思い出そうが、ださまいが関係ない。

俺を拾ってくれたお嬢の居る『今』が全て。




別窓 | 雪柳 銀 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ぷりぃず
2007-03-29 Thu 22:03


☆猫バトン☆

・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけにゃくてはにゃらにゃい。
・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
・一人称は必ず「我輩」にすること。
・日記の内容自体は普段書くような当たり障りのにゃいもので構わにゃい
・日記の最後に5人! 回す人の名前を記入するのを忘れにゃいこと。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。




にゃー、しいにゃ(椎那)は回してくれてありがと(?)にゃ!


あのにゃ、今結社勧誘募集中にゃんだにゃ♪
出来れば黙示録に連れてってくれるトコだとすぅっごく嬉しいのにゃーvv
だから、お手紙ぷりぃずwwにゃのにゃ(にぱ)


ぇーっと、回すのは…

・水賀
・マキト
・そこのあにゃた(貴方)!!
・あと、しいにゃに送り返してみるにゃ♪(何)


別窓 | 薔薇 真白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
暗い太陽
2007-03-29 Thu 15:50


明けない夜はなく

明ける夜もない


さんさんと輝く暗い太陽


僕はもう

その光に魅入られてしまった




別窓 | 遊戯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
甘美な秘め事
2007-03-29 Thu 12:30


首に手を回して

すり寄って

耳元で甘い吐息を零して


『ねぇ お願い』


切なげにおねだり


楽しくて 癖になる

甘美な秘め事



甘美な秘め事の続きを読む
別窓 | 雪柳 蘇芳 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
えへへ~っ♪
2007-03-28 Wed 21:27


嬉しい、嬉しい報告やよぅっ♪
なんとっ!わしの初BUが受理されたん!!
ことね壱花絵師はん、ほんまにおおきにw

ぇっと、完成予定日は5月24日なん。
今から待ち遠しいわぁ…vv


えへへ~っ♪の続きを読む
別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
心の理
2007-03-28 Wed 20:34


心理テスト

突然ですが、心理テストです。
【私】【うさぎ】【橋】【鍵】
の4つの言葉を使って文章を作ってください。


真白
『【私】は【うさぎ】を追いかけて【橋】を渡り、捕まえて【鍵】の付いた檻に入れました』

真黒
『【鍵】のある籠に入れた【うさぎ】を連れて【私】は【橋】に行きました』


『【橋】の先にある【鍵】を【私】は【うさぎ】と一緒に取りに行きます』



心の理の続きを読む
別窓 | 遊戯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【美術室】 薔薇 真白
2007-03-28 Wed 19:00


えへへー…///
やっと背後が頼んでくれた俺の初ICが完成したぞっ♪
BUと同じくえの絵師様!
何度見ても凄いよなぁ。





純白の微笑




 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権はえのに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。







別窓 | 薔薇 真白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
NIGHTMARE
2007-03-28 Wed 17:44


私が最初に見たのは暗く沈んだ小さい羊水。
子供達が無邪気に泳いで、【母】を苦しめる。
苦しそうな呻き声さえも、その子たちにはただのBGMでしかなく、私はただただそのおぞましさに身を震わせた。

それでも、私の居る【ココ】はとても居心地がよく、周りには子供達が楽しそうに泳いでいる。
魅せられる様に私も泳ぎだして、無我夢中ではしゃいだ。
遠くでは小さくBGMが流れていて、心が躍る。

ひとしきり遊んだ後、ふ…と思った。
私の居る【ココ】は一体…?

向こうに居る無邪気で残酷な子供達。
あの子達は…鏡に映った虚像?
それじゃぁ、私達は……。

考えて、やめた。
難しい事などどうでもいい。
【ココ】は居心地がよく、楽しい音楽が鳴り、それが全てなのだ。

鏡の虚像が私達に似ていたなんて、思いもせずに。



別窓 | 遊戯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
休日
2007-03-28 Wed 16:52


お嬢が居ないとなぁんもする事がなくて

ただ、だらだらと時間だけが過ぎる

飯喰って、本読んで、昼寝して

他愛のない時間を過ごして

前は知らなかった

なんでもない平凡な幸せ

前は知らなかった

愛おしく柔らかな休日



別窓 | 雪柳 銀 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
もうええわ
2007-03-28 Wed 14:06


「ええ、天気やねぇ」

草原に大の字になって空を見上げる。
ゆっくりと雲が流れて、温かくて気持ちのいい天気。

「そう云えば、アイツと初めてあったんもこんな日やったわぁ」

母に手を引かれ、初めて会った。
どんな人だろうと胸を高鳴らせて行ったのに。


『ふん…蘇芳と違って出来の悪そうな子だ。
見てくれだけが良いのは母親そっくりだな』


吐き捨てるような言葉。
あの瞬間に抱いた底のない嫌悪。
思い出すだけでおぞましい。

「はぁ~。なぁんで、今更思い出したんやろ」

自分を抱締めるように丸くなって、目を閉じる。

もうええわ

期待なんてしてない。今が全て。





別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
眼球は涙の海に浮いている
2007-03-28 Wed 00:18


  コンコン


「どうぞ?」

遠慮がちに叩かれた、この家の唯一のドア。
真黒が入室を許可すれば、おずおずと入ってくる彼の片割れ。

「こんな時間にどうかしたの、真白?」
「しんく…今日、一緒に寝てもいい……?」

未だに大事にしている、ぬいぐるみを両手で抱締めながら、泣きそうな瞳で見つめてきた。
真黒の名を呼ぶのもどこか幼くて、頼りない。

「いいよ、おいで?」

安心するように柔らかく微笑み、読んでいた本を閉じる。
一層瞳を潤ませて、真黒の隣にもぐる。
そして、ぬいぐるみを間に挟んで抱きついた。

「しんく、怖い…」
「なにが…?」

わからない、と何度も呟いてとうとう泣き出す。
恋人と同じ位愛している、大切な片割れ。
優しく何度も背をさすり、大丈夫…僕が守るよ、と囁く。

「怖いよ…いたい……」

  ぽろぽろ ぽろぽろ

大きな瞳から出る涙は止まる事を知らない。
まるで、眼球は涙の海に浮いている様で。

  ぽろぽろ ぽろぽろ




こわいよ しんく いたいよ こころが


眼球は涙の海に浮いている の続きを読む
別窓 | 薔薇 真白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お嬢
2007-03-27 Tue 21:27


何故かのぅ?
昔から初めて会うものには「雪柳のお嬢さん?」と云われる。
やはり、この女顔のせいか…?!
…まぁ、別に気にしては居らぬがな(何)

ぎん(銀の事)などわしの事を「お嬢」と呼ぶし。
アヤツは人の事など云えんだろうに。


お嬢の続きを読む
別窓 | 雪柳 蘇芳 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お散歩
2007-03-27 Tue 16:24


「もう、すっかり春どすなぁ」

綺麗な花が咲いていて、自然と笑みが零れる。
行く宛てもなく、ふらふらと歩きつつ、時折出会う顔見知りの人に挨拶をして。
時折空を見上げて、また花を見て。

「……見てはる?  はん。」



別窓 | 雪夜 桜子 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
睨めっこ
2007-03-27 Tue 14:48


「ぅ゛~……っ」

先程から止まらない、うめき声。
少し、呪いをかけているようにも聞こえる。

「あかんっ!また赤字やぁ!!」

うめき声の原因である、睨めっこしていた家計簿を放り投げた。
中を見てみれば見事に真っ赤。

「やっぱ、ストリートファイトしてへんのが痛いんよねぇ」

兄が同じ寮に来てからやめたストリートファイト。
何度となく兄の眼を出し抜いて行こうとするのだけれど、目ざといあの人は許してくれなくて…。

「年齢を誤魔化してバイトするワケにもいかんしなぁ…」

豪快且、情に流されやすかった父が騙されて出来た多額の借金。
父母が亡き今、返さなければならないのは自分しかいない。

「やっぱりにぃに……っあかん!」

ぷるぷると首を振って、気合を入れるように己の頬をぺチンと叩く。
いくら、兄が払ってくれるといっても、その言葉に甘えるなんて出来ない。

「自分の事くらいなんとかせな」

わしはオトンとオカンの子供なんやから。

もし、疲れたなら少し眠ればいい。
いくら考えても思いつかないなら、また明日考えればいい。
休む事は悪くない。

口癖のように云っていた母の言葉を胸に、また家計簿と睨めっこ。



別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水遊び
2007-03-27 Tue 13:21


何となく気になって、つい始めてしまった掃除。
終っても違う所が気になって、ついつい夢中になってしまった。

気付けばもう昼時で、軽く昼食をとった後汗ばんだ身体のままやっぱり何となく、外に出た。

「あつい…」

かいた汗が風で冷やされてもまだ、暑い。

ふと、目に入った大きいとも小さいとも云えない中途半端な池。
でもそれの水はとても綺麗で、触れた。
普段大人びていても、やっぱりまだ子供で、まだ水遊びなんてしたら風をひくなんて事思いもしなかった。

「気持ちいい…」

手でぴちゃぴちゃと触れ、ほぅ…と息を洩らす。
そして、手で遊ぶのには飽きたのか靴と靴下、いつも羽織っている着物を脱ぎ、足をつけた。
思っていたよりは深く、半ズボンが中ほどまで濡れる。

「………」

言葉にはしないが、楽しそうなのは目に見えていた。

絶え間ない水音、それに混じって聞こえる歌声。
か細い声だけれど、水と相俟っていつまでも聞こえた。






後日、水鏡が風邪を引いていたのは云うまでもない。


別窓 | 九重 水鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
愛故に、
2007-03-27 Tue 12:35


愛しくて

愛しすぎて

愛故に、どうにかなってしまいそう

どう責任を取ってくれるの?MY Darling



愛故に、の続きを読む
別窓 | Emili Diva | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
手紙
2007-03-26 Mon 23:19


「…っふぁ」

すらすらと書いていた筆を止めて、大きな欠伸を一つ。

「もうこんな時間…。どうりで眠いはずじゃ」

日記代わりのような父への手紙を書いていた槐。
日々の事を書いていると時はあっという間で…。

「しょうがない、続きは明日」

丁寧に畳んで隅に置く。
明日になれば続きは増えてしまうのだろうけれど、それすらも楽しみで。



「おやすみ」




別窓 | 蝶華 槐 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
腹黒さんと猫
2007-03-26 Mon 18:29


「めんどくさい…っ」

いつもなら丁寧に扱う着物を少し乱暴に投げ、不満を隠しもしない顔で着ている方の着物を脱ぐ。

真白がこうも不機嫌な理由。
それは…

「真白、もう小さな子供じゃないだからそう云わないの。
…たかがパーティくらいで」
「真黒…!」

腕に真白の猫である芙蓉を抱いて、子供を嗜めるような笑顔を湛えている真黒。

「他人事だと思って!」
「うん、他人事だもの」

そんな真白にくすくすと笑みながら「おいき」と芙蓉を放す。
芙蓉は真直ぐに真白の足元へと行きすり寄った。
いつもならそれで甘い顔になる真白だが、今日はまだまだご機嫌斜めで…。

「……今日のパーティ、あの人が居るって」
「あの人?」
「ほら、この前息子を家に通わせたいって来たお偉いさん」
「ああ、あの胡散臭そうなじじいね」

そう日にちが経っていないが、うっすらと覚えている程度。

「…で、その人がどうかしたの?」
「パーティで逢うたびにジロジロ見てくるんだよ。
たまに、お菓子とかくれるけどなんか気持ち悪い…」

その視線の意味には決して気付いていないのだろうが、本能的に嫌悪しているようできゅっと眉を寄せる。

「ふぅん、ジロジロ…ねぇ」
「うん…。あっ!もう時間だ。…行ってくるな、真黒」
「いってらっしゃい、真白。」

玄関まで付いていき、芙蓉の手をふらせて見送る。
その芙蓉に真白はちゅっと、キスして玄関を出ようとした。
すると、真黒が意味深気に引き止める。

「真白、その嫌な視線今日までの我慢だからね」
「…?真黒がそういうならそうなんだな」

目に見えて嬉しそうに笑み、今度こそ出かけていった。

「さぁてと、どうしようか。ねぇ、芙蓉?」

静かな玄関に響くのは、愛らしいが恐ろしい笑い声と肯定するような猫の短い泣き声だけだった。



別窓 | 薔薇 真黒 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
部屋探し
2007-03-26 Mon 18:05

空が茜色に染まり始めたこの時間。
いくら春とて流石にうっすらと寒さを感じる。
ほぼ無意識に肩をさすりながら、溜息をついた。

「なかなか、ねぇな。」

最近の日課になりつつある寮探し。
いくつか手紙を貰って、良い所だとは思うけどピンとこない。

「本当はお嬢のところが良いんだけどなぁ…」

それは学園に来る前にしっかりと釘をさされていて。

『もし、同じ所に来てみろ?すぐさまボディーガードをやめさせるからのぅ!』

「いくらなんでも、酷いよなー…」

蘇芳の心配の表れだとは解っているが、酷い。
深い深い溜息をついて、踵を返す。

「…しょうがねぇ、また明日」

明日も見つからなかったら…そう考えて、『明日は明日の風が吹く』
そんな言葉を思い出して、ふっと笑んだ。

「明日は明日の風が吹く…どうとでもなるさ」


別窓 | 雪柳 銀 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
不眠症
2007-03-26 Mon 14:36


明るい日差し、遠くで聞こえる鳥の声。
一睡もしていない瞳を擦り、起き上がる。

「もう、朝かぁ…」

んぅ、っと伸びをしてぽつり…と呟く。

「おやすみ」

ベッドから這い上がり、ソファに移動する。
…手には勿論布団を持って。

ころんと横になればすぐに聞こえてくる小さな寝息。
夜眠れないプライドは、日が昇ってからがお休みタイム。

不可思議な不眠症。


別窓 | Pride Lost | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
関西弁でお題
2007-03-26 Mon 14:23
関西弁でお題


01. なんでやねん
02. 何言うてんの
03. ほんまアホやなぁ
04. いらんわ!
05. 嘘やん?!
06. 絶対負けへん
07. 一緒に行かへん?
08. 泣かんといて
09. めっちゃ好きや
10. もうええわ


配布元『COUNT TEN.』

別窓 | お題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
恋、焦がれる。
2007-03-26 Mon 12:20

【Flower Garden】の一室、『墨桃花』と名付けられた部屋。
その部屋の窓から外に向かって、それはもう盛大な溜息が響いた。

「どうした、結愛?溜息なんぞついて」

きぃっと音をたてて苦笑気味に入ってきたのは部屋の主である結愛の異母兄弟の蘇芳であった。

「にぃ。なんか…恋焦がれるってこういう事なんかなぁって」
「…?結愛は恋でもして居るのか?」

小首をかしげてそう聞いた蘇芳に、ふるふると首を横に振る。

「その逆なん。わしな、恋に焦がれとるん。」
「はぁ…?」

ワケが解らない、と云う様に微妙な返事をする。

「つまりな、恋がしたいんよ。
『恋焦がれる』んちゃうて、『恋、焦がれる』なん」

微妙な間で違いをつけて説明する。
それでやっと納得がいったのか、頷く蘇芳。

「しかし、また急じゃなぁ?」
「んー…春、やからからなぁ?」
「そいういうものか?」
「そういうものやよ」

そしてまた、溜息をついた。



別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
月見酒
2007-03-25 Sun 22:41


見事な夜桜、明るい月。
偶然見つけた銘酒。

「月見酒をするな…という方が無理じゃろうて」

目に鮮やかな赤をしている艶やかな浴衣を、これまた艶やかに崩して縁側に出た蘇芳。
そんな格好で…とか、未成年…なんて事は欠片にも思念にかけず酒盛りを楽しむ。

「……美味い。」

桜と月と酒。
うっそりと目を細める。

誰が咎めるわけでもない、一時の安らぎ。



別窓 | 雪柳 蘇芳 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Manual of brand name "Enju"
2007-03-25 Sun 21:30


妾での更新は久しぶりじゃのぅ…(むぅ)
それに、最近は中々結社に顔出しも出来ておらぬし。
少し雪柳の者達ばかりに構い過ぎではないかぇ?(背:すいません;;)

まぁ、折角の更新じゃからの。
これ以上云うても使用がない。


Manual of brand name "Enju"の続きを読む
別窓 | 蝶華 槐 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
何故って…それはね?→Why…Is it it Hane?→理由…それが、それであるハネ?
2007-03-24 Sat 23:52


真白が水賀に渡したバトンが僕に回ってきたからやるよ。
…そうそう、水賀?
恋愛系が多いのは、背後がそういうの拾ってくるからだよ。
つまり、たいして意味はないの(にこ/ぁ)







「日→英→日翻訳で恋愛を語るバトン」

▽ルール▽

http://honyaku.yahoo.co.jp/transtextの翻訳機能を使ったバトンです。

例)
「私はバトンの回答をするのが大好きです。」

 ↓

「I love that I do an answer of a baton.」

 ↓

「私は、私が棒の答えをすることを好きです。」



1:最初に、簡単に自己紹介をしてください。
【原文】
薔薇 真黒。
真白の双子の弟だよ。

【訳文】
バラの黒。
それは、純粋な白人の双子の弟です。

2:いきなりですが、好きな人を教えて下さい。
【原文】
本当に、いきなりだね?
…和義だよ。誰よりも愛しい子。

【訳文】
本当に突然。
…それは、カズヨシです。誰よりでも愛されている子供。

3:その人のどこが一番好きですか?
【原文】
一番、なんて決められないよ。
たくさん、好き過ぎて…。

【訳文】
なんて最も多くだろうことは、決められません。
たいへんあまりにたくさんそれが好きにしてください…。

4:その人と付き合いたいと思いますか?
【原文】
思う、って云うより、もうお付き合いさせてもらってるよ?

【訳文】
あなたが考えるってを言うより、あなたはすでに会社を保ちましたか?

5:その人が突然あなたの部屋にやってきて、「今日からここに住む」と言いました。あなたはどうする?
【原文】
勿論、大歓迎だよ!
…どうなっても知らないけどね?(くす←)

【訳文】
もちろん、それは元気な歓迎です!
…たとえあなたがそれになるとしても、どのように、あなたはそれを知りませんか?(くす←)

6:このバトンを、好きな人がいそうな人に回してください。
【原文】
訳文、もう全然原形をとどめてないよね(苦笑)
…僕の知り合いには粗方回ってるからラストで。
でも、したい人は持って帰っても良いよ?

【訳文】
訳文は、もうオリジナルフォームを決して去りません(意地の悪い微笑)
…私の知人が大部分はそれを得るので、それは最後です。
しかし、私が働きたい人は、それを家でするかもしれませんか?



何故って…それはね?→Why…Is it it Hane?→理由…それが、それであるハネ?の続きを読む
別窓 | 薔薇 真黒 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【アトリエ】Pride Lost
2007-03-24 Sat 11:13

兎月郁絵師様の『ぴこぴコン』完成したぞ♪
…でも、発注文間違えてたorz
「三角形」って書きたかったはずなのに「三角形」って書いてたんだよ、あの馬鹿背後…っ。

まぁ、それでも、やっぱこのICが良いのは変わんねぇんだケドな!
兎月郁絵師様ありがとうございました(にっ)










ぴこぴコン



==============================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『無限のファンタジア』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は兎月郁に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
==============================================


別窓 | Pride Lost | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
幾夜も待ちて 想い馳せる
2007-03-23 Fri 23:53


(意味もなく、ホスト仕様でおおくりします←)


先日、兎月郁絵師様の窓枠をとらせて頂きました。
完成予定日が10月3日なのですが…まぁいいか、と思いつつ本当にそれだけかかってしまったらどうしようか、と不安にもなります(微苦笑)

それよりも、異世界の方のICも頼んだらしいのですが…馬鹿な事をされましたよ。
手違いで同じ内容のリクエストを送ってしまったようなんです(呆)
まさかココまで馬鹿な方とは…(はぁ)
却下される事を望む日が来るなんて想っても居ませんでしたよ。

では、背後の馬鹿さ加減暴露大会(何)はこの辺でお開きといたしましょう。
それでは…また(ふわりと笑んで、優雅に一礼)


別窓 | Pride Lost | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
待ち望んでいた悪夢
2007-03-23 Fri 23:35


ああ…待ち望んでいた悪夢の時間が来たよ

大切な人たちとまた逢える

唯一の時間

悲鳴と 苦しみと 哀しさに溢れた

安らぎの場所


待ち望んでいた悪夢の続きを読む
別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
愛の詞
2007-03-23 Fri 16:56


感じた気持ちを想いにして

抱いた想いを言葉に変えて

紡いだ言葉に意味を見出す


それが 私の 愛の詞










別窓 | 九重 水鏡 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 千夜一夜 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。