スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
I wish ...
2007-03-20 Tue 18:02


ボクが、初めて願ったのは

誰よりも愛しい人の『死』でした






温かい陽気。
そして、冷たい風があの日を思わせた。

「It is your death that I wishes.」

冷たい風が頬をうって、涙を冷やす。
風と涙の冷たさが、己を戒めているようでどこか、心地良かった。

「ボクは…悪い子ですね。兄さん……。」

貴方の苦悩にも気付かずに、優しさに甘えていた。

「ごめんなさい…、ごめん…なさ……っ」

何も返してくれない墓石に、ひたすら謝ったの。







ボクがはじめてねがったのは、だれよりもボクをあいし、にくんでいたさいあいの、にいさんの『死』でした。

スポンサーサイト
別窓 | 椿乃 侘助 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<媚薬 | 千夜一夜 | 想いを言葉にかえて→Change thought into words→語に考えられる変化>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。