スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
染まりゆく白 けれど、なおも純白に…
2006-12-13 Wed 00:06

あのさ…俺、前は「愛」とか「恋」とか良く解んなかったんだよな。
そこまで誰か一人に向ける気持ちが理解できなくて。
真黒も、いつもは冷めてたけど一回だけ恋してて…スッゴク幸せそうだったんだよなぁ(勿論、和義抜いて…の話しだぞ?)
でも、やっぱり俺わかんないし。だけど解んなくても問題ないからそれでいいよなー♪って思ってた…けど。

だけど、水賀にあってやと解った。
なんか、全部が愛おしくて嬉しくて、何となく恥かしくて。そんな綺麗な気持ちばっかじゃないケド、でもやっぱりソレも凄く嬉しい。
ごちゃごちゃしてるのに、ヤじゃないんだ…。


微笑んで、名前を呼んで、抱締めて…その一つ一つがただ、愛しい。
きっと、貴方にしか俺に与えられない想い。





背:恥かしい子ー(*ノノ)
 だけど、だんだん成長してるんだよね!




もう、無知なだけの白じゃない
愛しさを知って何よりも気高い白になる


スポンサーサイト
別窓 | 薔薇 真白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<朧な水鏡を攻略せよ | 千夜一夜 | ――乙女バトン――>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。