スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ねこ
2007-04-20 Fri 20:45

ごろり

チャイムが響く中、結愛は芝生に寝転がった。
本人曰く、授業中の休み時間、だそうだ。=さぼり、だが。

「ええ天気ー…」

陽気に誘われて、瞼が段々と重くなっていく。
…もとより、寝るためにサボったのから何の問題もないけれど。
あと少しで意識が落ちる、そう思ったとき

「みゃぁ」

と、なんとも可愛らしい鳴き声。

「…にゃんこ?」
「みゃぁー」

肯定するように少し長めの鳴き声をだす。
人懐っこい様子に、誰かの飼い猫なんかなぁ?と思いつつ喉を撫ぜる。

「おまえも、お昼寝しにきたん?」
「みゃぅ」

質問には答えず(元々猫だから応えられないけど)心地良さそうに喉をごろごろと鳴らす。

「可愛ぇなあ…v」

猫の姿に癒されていると、先程まで気付けば去っていた眠気がまた襲ってきた。

「あかん、ねむい…」

ふわぁっと欠伸をし、猫を抱き上げる。

「ゆあといっしょにねよ…」

へにゃりと笑んで、今度は完全に意識が途切れた。
猫も「みゃふっ」と欠伸のようなものをして瞼を落とす。


麗らかな午後、猫と結愛。
穏やかな安らぎ。

スポンサーサイト
別窓 | 姫百合 結愛 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<背後でバトンー | 千夜一夜 | 人生、こういう事もあるさっ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。