スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Zizz
2007-05-06 Sun 19:49
空は青天。暖かい日差しに、程好い風。
こんな日に微睡むな、という方が酷で、銀も例外ではなく瞼を閉じた。







   猫の鳴き声

   黄金の瞳

   穏やかな…笑顔








その時間が、1秒か1分か。それよりもたくさんの時間か。
解らないが時がたち、ふるりと震えて青味がかった灰の瞳が現れる。

「んー…っ」

腕を伸ばして背伸びする。
それと同時に欠伸も出て、瞳が潤んだ。

「あー、ついうたた寝しちまった」
今日はお嬢のトコ行く予定だったのに。

最近はあまり顔を見れない、義弟にして大切なご主人様。
また会う機会を逃したと嘆く。

「…でも、いい夢見た気がするから別にいいか」

きつい瞳がふいにゆるんで、極上の笑みが洩れた。

スポンサーサイト
別窓 | 雪柳 銀 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<恋とは 愛とは … | 千夜一夜 | にゃ、にゅ、にょ♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。