スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
すいそう
2007-11-30 Fri 20:44


そこはまるで、水槽だった。
暗く暗く血で濁った水槽。

貴女はそこで眠っている。
綺麗に染めていた茶色の髪を漂わせて。
今はもう、その色は解らないけど。


そこはまるで、水葬だった。
赤く赤く血で濁った水葬。

貴女はそこで睡っている。
綺麗に染められた赤黒い髪を靡かせて。
今はもう、その彩がみえてるだけ。





きっかけは少女。
俺を呪いながら、俺を庇いながら死んだ少女。

愛していると云っていた。
憎んでいると云っていた。
俺のせいだと云っていた。

彼女の血で溢れたそこは、まるで水槽。
溢れた血で漂ったそこは、まるで水葬。




愛してあげられなかった、少女のお話。
スポンサーサイト
別窓 | 薔薇 真白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【日記】 | 千夜一夜 | 掛詞で6のお題>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。