スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
13.舞い散る漆黒の羽
2007-01-14 Sun 17:00

きっと、もう僕は飛べない


真っ白だったはずの僕の羽は、漆黒に穢れて
その羽さえも…舞い散った

けど、それでもいいんだ
地上で僕だけの宝物を見つけたから







   い散る漆黒の




何度も夢見る。不思議なほどに愛おしい子。
今まで、たった一度しか感じた事のないこの想い。
凄く戸惑うけど…なんでだろう、嫌じゃないんだ。

「好きだよ…誰よりも愛してる」

伝えても伝えきれない。

「大好き…」

抱締めても抱締めたりない。




舞い散る漆黒の羽の中、君に愛を囁く

スポンサーサイト
別窓 | 薔薇 真黒 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【A to ZⅡ】 | 千夜一夜 | 8.賛美歌は暗澹を滲ませて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。