スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
プロフィール【Emili Diva】
2007-01-18 Thu 22:00
背後:
こんばんわ、背後です(前にも似たような挨拶したな…)

ぇっと、以前に何度かしているキャラ設定の紹介(でいいのか)ですが、
それから随分たって結構あやふやに成ってきたので、改めてやりたいと
思います。
しなくても、良いような気はしますが、キャラも増えているので、はっきり
云って背後の中でめちゃくちゃなんですよ!(えへん/ぉぃ)
てなわけで、まぁ、お付き合い頂けたらなーと。
あ!別に見なくても大した…ってか、全然問題ないんですけどね♪(ぇぁ)




Emili Diva(a45512)
20070118212650.jpg



種族:セイレーン
外見年齢:16歳
性別:男
誕生日:8月31日
星座/血液型:乙女座/B型
身長:159.1cm スタイル:繊細
瞳:青(光の加減によって緑にも見える) 髪:青 肌:色白
口調
 俺/呼び捨て/よ、だもん、だよう、~かな?
イメージカラー:深紅
生まれ:裕福な奉仕種族を何人も虜にしていた

職業/Lv
 忍び/25

武器(現在):ブレードウィップ

【背景】
 享楽的で、努力を嫌い、自堕落な生活を求める。それがセイレーンの
種族。他者の加護の下で生きるものも多い。
 エミリもまた庇護下で生きてきた。

 物心つく前から、裕福な奉仕種族の庇護を受けてきた。
 彼の外見年齢は10にいくかいかないか位だったが、種族の性質か既に
人目を引き付ける容姿をしていた。

 彼を庇護していた(飼っていた、と云っても良いだろう)奉仕種族は
とても穏やかで、優しい初老の男であった。彼を実の孫のように慈しみ
大事に育ててきた。祖父と孫――そう呼ぶには些か、エミリに依存し
過ぎていたが…。

 ある日、年老いた庭師の変わりに新しい庭師の男がやってくる。
 立場が違う。それ故に二人が言を交わすことはない。
 だが、男が来て幾日か後、偶然二人の目が合う。偶然という名の運命。

 相変わらず、言を交わすどころか直接逢う事もない二人だったが、視線で
想いを育んでいた。それに比例し、エミリの外見年齢も成長する。
 幼子から、思春期を迎える頃の年齢まで。
 それを見た、いやに聡い飼い主は総てを悟る。そして、エミリに対する
依存から、男を殺した。

 エミリは住み慣れた館から去った。
 また、成長して。幼子から子供へ、子供から狭間の齢に。







スポンサーサイト
別窓 | Emili Diva | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<*・*・*Fairy tale wedding*・*・* | 千夜一夜 | 【キャラクターバトン】無限のファンタジア編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。