スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
I think it my job tomake your happy.
2007-02-08 Thu 22:29
真白 真黒  侘助



~in 蝶華家~

ぇっとぉ…こんばんはぁ?(へにゃ)
ぉぉっ、侘助ではないか!このような刻限にどうしたのじゃ?
んっとねぇ、背後がボクと槐ちゃんと真白クンと真黒クンの関係、
話せってぇ。

妾たちのかぇ?という事は…
おっじゃましまーす♪
ごめんね、槐?こんな遅くに…(申し訳なさそうに)
真白に真黒、数日ぶりじゃのぅ。ここに来るとなると数年ぶりか?
うん、そうだね。蝶華の鎌倉邸は久しぶり。
だよねぇ?…あ、そろそろ本題、いかなくていいのぅ?
あっ忘れてた!てか、背後もめんどくさい事させるよなー。
まぁ、背後じゃからのぅ。
背後だからねぇ。
背後だもん、しょうがないよぅ(へら)




まず、大まかに云えば妾達4人は親戚なのじゃ。
薔薇家・蝶華家・椿乃家は京都に旧家の分家だった…つまりは元は1つの家
なんだよな。

まぁ、分家だった…って云っても随分と昔の話らしいけど。
この三家ってぇ、けっこーえげつない事してるよねぇ。
それは置いといて、とりあえず簡単に説明しようか。




・流れ
???(大元の家)→***(その分家)→薔薇家・蝶華家・椿乃家

大元…本家との繋がりは一切皆無。

・上下関係
椿乃家>薔薇家>蝶華家

・役割
●椿乃家
一族の血を絶やさない為の、要の家。
三家の中で特に血族婚を繰り返してきた。

●薔薇家
用心棒的存在。故に昔から武術を中心に極めてきた。
一族の陰の存在。

●蝶華家
表の対応をしてきた家。陽の存在。
一見華やかだが、いうなれば雑用係。

・大まかな歴史
今から恐らく千年程昔、京都のとある一族が祖。
本家と衝突した分家が今の東京に移り、御三家が出来た。
本家に負けぬよう、昔から血族婚を繰り返してきた。
(ちなみに侘助は、椿乃家の長男と長女の娘との間の子)




こんなトコだよねぇ?なにげにボクって罪の子だよねぇ。
己が一族の事じゃが…まぁ、なんとも愚かな。
槐だけじゃないって、俺もそう思うもん。
僕もだよ。嫌になっちゃうよね。







あ、ちなみにぃ、タイトルには意味ないよぅ(へら/すっげぇ今更)


スポンサーサイト
別窓 | 遊戯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<in my sweet room | 千夜一夜 | 椿乃 侘助~「侘助」って呼んだら怒るよぅ?編~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 千夜一夜 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。